カードローンの金利はどう決まるのか

一度作っておけばいざというときにコンビニATMなどからすぐにお金を借りることのできるカードローンですが、金利や利息がどれくらいかかるのか気になる方も多いでしょう。今回は銀行や消費者金融で提供されているカードローンのサービスはどういう風に金利が決まっているのかをローン初心者の方でもわかりやすいよう紹介します。
多くの会社のカードローンの広告で金利の数字に幅があることを見かけたことはありませんか。どの金利で自分がローンを利用できるか気になるところですが、これは実は審査で決まります。審査で見られることは、申し込み者の年収や勤続年数といった今後返済が見込めるのかという点はもちろんですが、1番見られる点はこれまでの借り入れ状況と言われています。申し込み者が今までどんな借り入れをしてきたかがわかる情報を個人信用情報と言いますが、ローンだけでなくどんなクレジットカードを持っているのか、現在の借り入れ、しはらいは滞りなくされているか等を細かく見られます。
もしこういった情報に少しでも傷があれば、残念ながら低い金利での借り入れは難しいとされています。逆に初めての借り入れや、今まできちんと返済や支払いをしてきたという人は少ない利息で申し込める可能性が高くなります。
こういった申し込み者の情報以外に、申し込みした会社との取引状況によっては利息を低めに提示するという金融機関も多いです。ローンを考えるなら、まずは普段よく使っている銀行や消費者金融に頼ってみるのが良いでしょう。