専業主婦が複数のカードローンと契約することは出来る?

複数のカードローンを持って使い分けたいという人は決して少なくありません。
短期間の借入は即日融資をしてもらえる消費者金融で、長期返済が前提になる額は金利の低い銀行でといった使い分けをしている人も実際にいます。
しかしながらこうした複数のカードローンの使い分けを専業主婦が出来るかと言われると、少々難しいでしょう。
特に専業主婦ということで懸念されるのは「審査自体が厳しくなる」ことです。
専業主婦ということだと個人単位での収入がないわけですから、総量規制の対象になる消費者金融では必然的に契約をすることが出来ません。
制度的に言えば配偶者貸付の制度を使えば可能なのですが、この制度を運用している消費者金融はほとんどありませんから、事実上「消費者金融ではない銀行としか契約できない」ということになっています。
そしてこうなってしまうと「複数の銀行のカードローンを同時に契約する」という形になってくるわけですが、銀行が運営するカードローンは融資対象を「リスクが極めて低い人」に限定している傾向があります。
リスクが極めて低い、つまり融資をしてもほぼ間違いなく完済をしてくれるし遅延することもない、収入も安定してあるという人ですが、専業主婦がこれらの条件をすべて満たせるかというと難しいでしょう。
加えて銀行は既に別の業者と契約している消費者への追加契約はなるべく避けたいとして考えることが一般的ですから、残念ながら専業主婦が複数のカードローンを並行して利用するのは難しいと言えるのです。