キャッシングの勤務先への電話は避ける事が可能か

キャッシングやカードローンを利用する場合は在籍確認のための職場への電話が行われるのが一般的です。
これは実際に本人が本当に勤めているのかを簡単に確認するためのものであり、収入証明書の提出が必要ない場合であったとしても自己申告の内容だけで信用しているという訳では無く、勤務先へ電話する事によって本当に勤めていて返済能力があるかどうかを調べているのです。
勤務先へ電話されると職場に借金の事がばれてしまう心配をする人も多いのですが、そうした事を心配する人が多い事は承知しているので消費者金融は会社名を名乗らずに個人名で電話をする事で分からないように配慮してくれます。
また、職場に在籍している事が確認出来れば良いので、営業の外回りが多くてほとんど会社にいない人でも在籍している事が分かれば本人が必ず出る必要はないです。
その他にも何か不安な点があるのであれば事前に相談するとある程度は対応してくれることも多く、職場に借金がばれてしまうのではないかと過度に心配する必要はないです。
ただ、どうしても在籍確認をされるのは困るという人は、在籍確認が不要なキャッシングを選択するという手段もあります。
一部のキャッシングでは、ある特定の条件を満たす事ではじめから電話連絡不要で審査を受ける事が出来るようになっているケースもあるのです。
その条件というのは特定の銀行の口座を所有している事、社会保険証を持っている事、などといった条件があるので、必ずしも申し込めるとは限らないですが、そういうサービスも一部では存在しているのです。